• HOME
  •  > プリケア

LED美顔器 PRECARE プリケア



LEDの可視光線が加齢とともに自身で生成できなくなったヒアルロン、コラーゲンの成長因子である繊維芽細胞の再生を促します。

赤色LEDがお肌の繊維細胞を活性化し、
コラーゲンの生成を促進。
赤色LEDの光にはこんな効果が期待できます。
・小じわの改善 ・お肌のくすみを改善 ・お肌のハリを回復
・お肌のターンオーバーの正常化を促し、皮膚再生を促進
・お肌のきめを整える ・ニキビ跡の改善 ・赤みを伴うニキビの炎症を抑制
・血行を促進し、お肌のトーンを明るくする
黄色LEDがリンパの流れを活性化し、
生き生きとしたお肌に。
黄色LEDの光にはこんな効果が期待できます。
・角質層のターンオーバーを正常に保つ
・メラニンの排出をスムーズにし、シミやくすみを改善
・肩こりに効果的

※効果には個人差があります。全ての方に効果を保証するものではありません。

LED―新しいアンチエイジングの可能性

LED(発光ダイオード)は種々の元素の組み合わせにより、さまざまな色の光をつくり出すことができる新しい電子部品です。このLEDが近年、加齢皮膚(シミ、シワ、たるみなど)の若返り(アンチエイジング)、ニキビ肌の改善を目的として医療業界、美容業界などでも注目されるようになってきました。

赤色LEDは皮膚細胞を活性化し、若さを保つために大切なコラーゲンやヒアルロン酸という重要な物質の産生を増やし、またメラニン色素の産生を減らすことによって、シワ、乾燥肌、シミの改善効果が期待できます。


また、黄色、青色など赤以外の色を持つLEDもむくみ、ニキビなどに対する改善効果が見込めます。LEDには医学的なエビデンスも蓄積してきており、このLEDによる新しいアンチエイジング療法の今後の発展が期待されています。


大阪医科大学 感覚器機能形態医学講座皮膚科学 教授
医学博士 森脇 真一

使用方法

赤色LEDのご使用方法(スイッチを一回長押しします)
頬のたるみやほうれい線が気になる場合
頬やほうれい線に当て、上または斜め上方向に押し上げた状態で固定してご使用ください。
目じりのしわが気になる場合
頬の上部に押し当て、目じりが押し上がるように引き上げてご使用ください。
※眼の中に光が入らないようご注意ください。
首のしわが気になる場合
首を伸ばした状態で、押し当ててご使用ください。
生え際の薄毛が気になる場合
髪の生え際に押し当ててご使用ください。
黄色LEDのご使用方法(赤色LEDの状態からもう一回スイッチを押します)
お肌のシミが気になる場合
シミが目立つような場所に当ててご使用ください。
肩こりが気になる場合
肩こりを感じている場所に当ててご使用ください。

臨床的評価法

・試験開始時、終了時に写真撮影により症状グレード判定を行う。
・試験終了時に問診により試験品による痒み、刺激感、使い心地についての評価も実施する。
<各症状の重症度評価>
目じりのしわ:症状によりグレード0~7に分類する(.5表記も可)。
上記以外:症状毎にグレード0、1、2、3に分類する。グレード0と1の中間の場合はグレード0+(0.5)、グレード1と2の中間の場合はグレード1+(1.5)、グレード2と3の中間の場合はグレード2+(2.5)、グレード3以上の場合はグレード3+(3.5)と表記する。

■目じりのシワ
日本香粧品学会基準でグレード0~7(日本香粧品学会雑誌2006)

■おでこのシワ・ほうれい線
グレード0:症状なし
グレード1:明瞭な浅いシワが認められる
グレード2:やや深いシワが認められる
グレード3:明瞭な深いシワが認められる

■シミ
グレード0:症状なし
グレード1:軽微な色素沈着
グレード2:軽度な色素沈着
グレード3:明瞭な色素沈着及び軽度な紅斑
症例1
眉間シワ LED赤 2->1.5

Before
>
After
症例2
目じりシワ LED赤 2->1
ほうれい線 LED赤 2->1.5
ほほシミ LED赤+黄 1->0.5

Before
>
After
症例3
おでこシワ LED赤 1->0

Before
>
After
症例4
ほほシミ LED黄 1->0.5

Before
>
After
症例5
目じりシワ LED赤 2->1.5

Before
>
After
症例6
ほほシミ LED赤+黄 1->0.5
赤ら顔 改善

Before
>
After
Produce by 株式会社フィット・ラボ http://www.fit-labo.jp/